歯科口腔外科情報館 >> 歯科口腔外科情報館 >> 歯科口腔外科情報時間

歯科口腔外科情報時間

歯科口腔外科情報時間

顎の中にできる袋状のものなのです。歯が原因でできることが多く、顎の周囲が 硬く腫れたりして、歯科治療でレントゲンを撮った時にみつかることが多いのです。

また口唇の内側や舌のわきがやわらかく腫れてくる嚢胞もあるようです。

時間はかかると思われるのですが、ご一緒に治療を進めて行くようにしましょう。

顎が開けにくい、痛みがある、カクカク鳴るなどの症状がある場合、これらを総称して顎関節症と呼ぶのです。

これはいったいどのようにして起こるのでしょうか?

術中、唇の端を引っ張りますので、術後、口角が痛くなる場合があるようです。

口の中や顎の中や周囲には良性のものから悪性のものまで多種多様の腫瘍ができるのです。

口の中にできていつまでも消えない白斑やなかなか治らない口内炎や潰瘍、腫れ物が あるようでしたら、早めに受診するようにしましょう。

抜歯後、口が開きにくくなることがあり、これは周囲の筋肉へ炎症が広がることが原因と考えられるのです。

炎症が軽快するにつれ、口も開くようになってくるのです。

これには、まず顎間接と呼ばれる上顎と下顎の間にある間接の仕組みについて知る必要があるのです。

上顎の歯列と下顎の歯列は左右の耳の穴の少し下前方の部分で間接を介してつながっているのです。

筋肉の隙間を通って喉の方に炎症が広がった場合、飲み込むときに抜歯した側の喉が痛むことがあるのです。

これも炎症の軽快とともに減少するのです。

下顎前突症、上顎前突症、開咬症口を閉じても上下顎の歯が咬み合わないなどで、歯の矯正治療だけでは治らないような顎の骨格性の変形症にたいして手術的に 移動して矯正するのです。

ただし手術前の矯正治療や手術後の保定治療が必要になることが 多く、地域の矯正歯科との合同治療となるようです。

この顎の間接、顎間接には関節円板といういわばクッションのような組織が存在し、上下の顎の骨が直接こすれないような仕組みになっているのです。

歯科口腔外科情報館へようこそ!このサイトは管理人の備忘録としての情報をまとめたものです。

掲載の記事・写真・イラストなどの無断複写・転載等はご遠慮ください。

|歯槽膿漏・歯周病 治療 |予防歯科 |岡山 インプラント |福岡県 福岡市 歯科 歯周病 竹田歯科医院 |愛知県 名古屋市 歯科 ファミリーデンタルイシダ |神奈川県 川崎市川崎区 歯科 高柴歯科 |栃木県 栃木市 歯科 鎌田歯科医院 ホワイトニングサロン |愛媛県 伊予市 矯正歯科 優歯科オフィス |インプラント 岡山 |愛知県 名古屋市中区 歯科 久屋歯科室 |歯槽膿漏 歯周病 |審美歯科 ホワイトニング 岡山 |歯科 岡山 |栃木県 宇都宮市 歯科 ココ歯科クリニック |矯正 岡山 |千葉県 千葉市 歯科 矯正 幕張ドルフィン歯科 |愛知県 春日井市 歯科 森川歯科クリニック|神奈川県 横浜市 インプラント 矯正 柿山矯正歯科 |高知県 高知市 インプラント ホワイトニング 嶋本歯科医院 |入れ歯