歯科口腔外科情報館 >> 歯科口腔外科情報館 >> 歯科口腔外科の治療法

歯科口腔外科の治療法

歯科口腔外科の治療法

歯の表面ば、何かを食べる度に目に見えないレベルで溶けているのです。

ものを食べない時間にだ液の作用で口の中が酸性から中性に戻り、またいつもと同じ歯の状態に戻るようです。

溶けている時間が戻っている時間よりも短いとむし歯にはなりにくく、逆の場合にはむし歯リスクが高くなりるのです。

顎の痛みが骨折や炎症などによる場合は治療法がまったく違ってくるのです。

どういう症状かを判断し、必要があればMRIやCTなどの画像診断を行うのです。

スポーツ、喧嘩、交通事故などが原因することが多いのです。

歯が抜け落ちてしまった場合には、できるだけ乾燥しないように清潔な牛乳・生理食塩水に浸したガーゼやコットンに包んで持っていくようにしましょう。

再植することで保存できることもあるのです。歯科口腔外科の診療領域では、親知らずの抜歯、顎関節症の治療、外傷の治療等と言った顎口腔領域の外科処置を中心として、その疾病全般等を扱うようです。

治療はほとんどが保存的治療、手術などの外科的療法でない治療で、スプリント療法、理学療法、薬物療法などが主体となっているのです。

顎の奥の骨はしっかりしているようですので、麻酔薬を十分にしみこませてから行うのです。麻酔が奏効すれば痛みはないようです。押されたり、ひびくような感じは麻酔では消えないのです。

抜歯適応の智歯は十分に萌出していないことが多いため、智歯周囲の歯肉をメスで切開して開くことになるようです。

歯科口腔外科は一般には口腔の外科であると認識されているようですが、その特異性として顎口腔機能を中心として据えているた為に、内科的処置やストレス障害に至るまでその受け持つ範囲は広いのです。

取り扱う疾病も、炎症や骨折、腫瘍にとどまらず、奇形や各種症候群に至るまで口腔内の多種多様な疾病を受け持っているのです。

咬合治療クラウンなどを被せ、理想的なかみ合わせに作り直すは治療成績が不安定で今では安易に行われず、かみ合わせを復元できる治療を原則とするという考えに変わってきているようです。

顎の中に埋ったままで萌えてこない歯や親知らずの抜歯は、ほとんどが外来通院で手術ができるのです。

歯科口腔外科情報館へようこそ!このサイトは管理人の備忘録としての情報をまとめたものです。

掲載の記事・写真・イラストなどの無断複写・転載等はご遠慮ください。

|栃木県 宇都宮市 歯科 ココ歯科クリニック |岡山 インプラント |歯槽膿漏 歯周病 |愛知県 春日井市 歯科 森川歯科クリニック|神奈川県 川崎市川崎区 歯科 高柴歯科 |入れ歯 |千葉県 千葉市 歯科 矯正 幕張ドルフィン歯科 |インプラント 岡山 |高知県 高知市 インプラント ホワイトニング 嶋本歯科医院 |歯槽膿漏・歯周病 治療 |栃木県 栃木市 歯科 鎌田歯科医院 ホワイトニングサロン |矯正 岡山 |神奈川県 横浜市 インプラント 矯正 柿山矯正歯科 |愛知県 名古屋市中区 歯科 久屋歯科室 |愛知県 名古屋市 歯科 ファミリーデンタルイシダ |予防歯科 |福岡県 福岡市 歯科 歯周病 竹田歯科医院 |愛媛県 伊予市 矯正歯科 優歯科オフィス |審美歯科 ホワイトニング 岡山 |歯科 岡山