歯科口腔外科情報館 >> 歯科口腔外科情報館 >> 歯科口腔外科情報顎

歯科口腔外科情報顎

歯科口腔外科情報顎

抜歯時の侵襲が大きい場合など、数日たったときに顎の表面が青くなることがあるのです。

これは内出血によるもので、次第に青紫から黄色に変化し1週間程度で消失するのです。

歯科領域に発生する疾患で来院される方が患者様の九割以上を占めているようです。

普段皆様がかかりつけの歯科医院で治療してもらうことの多い、う蝕と歯周病が悪化しておこる顎骨骨炎や顎骨周囲炎などの炎症があげられるのです。

口を開けるという動作には、上顎のくぼみに沿って丸い形をした下顎の骨が、このクッションを間に挟んだ形でスムーズに動くことが必要になっているのです。

親知らずが正常の位置にはえてこない場合には,智歯周囲炎が発症することがあるようです。

このような場合には智歯の抜歯が必要になっているのです。

下顎智歯の抜歯は,粘膜切開や骨の削去がひつような場合が多く術後に疼痛や腫脹が起こるのです。

顎が痛く口が開けにくい、口を開けるときにカクッと音がするといった症状の原因には、この関節円板というクッションの障害をはじめ、さまざまな原因が複雑に関係している場合が考えられるようです。

口腔粘膜疾患は痛みなどを有するアフタ性口内炎,口腔扁平苔癬などがあるのです。症状が乏しいものでは白板症があるのです。

全身状態が悪い方には口腔カンジダ症が発症すことがあるのです。

口腔粘膜疾患は口腔癌と見分けがつきにくい場合もあるようですので、口腔内に気になる症状がある場合には受診をおすすめ出来るのです。

顎口腔領域に発生する疾患は普段はあまり耳にしないと思うのです。

腫瘍などの新生物、ヘルペス・アフタ・潰瘍などの口内炎、交通事故や転倒などで起こる上下顎骨外傷等があげられるのです。

歯科口腔外科とは、口腔内とその周囲に発生する様々な疾患の診察と外科的な治療を中心とする診療科ですが、さらには、他の診療科で加療中の全身疾患による口腔内の諸症状の治療も行うのです。

下顎骨および上顎骨には歯が存在するため,骨折した場合にはかみ合わせがおかしくなったり,口が開きにくくなるようです。

耳の前の顎関節が痛くなることもあるのです。

歯科口腔外科情報館へようこそ!このサイトは管理人の備忘録としての情報をまとめたものです。

掲載の記事・写真・イラストなどの無断複写・転載等はご遠慮ください。

|栃木県 宇都宮市 歯科 ココ歯科クリニック |高知県 高知市 インプラント ホワイトニング 嶋本歯科医院 |歯科 岡山 |愛知県 名古屋市中区 歯科 久屋歯科室 |千葉県 千葉市 歯科 矯正 幕張ドルフィン歯科 |審美歯科 ホワイトニング 岡山 |愛知県 春日井市 歯科 森川歯科クリニック|福岡県 福岡市 歯科 歯周病 竹田歯科医院 |愛媛県 伊予市 矯正歯科 優歯科オフィス |歯槽膿漏 歯周病 |神奈川県 横浜市 インプラント 矯正 柿山矯正歯科 |歯槽膿漏・歯周病 治療 |神奈川県 川崎市川崎区 歯科 高柴歯科 |入れ歯 |愛知県 名古屋市 歯科 ファミリーデンタルイシダ |予防歯科 |栃木県 栃木市 歯科 鎌田歯科医院 ホワイトニングサロン |矯正 岡山 |インプラント 岡山 |岡山 インプラント