歯科口腔外科情報館 >> 歯科口腔外科情報館 >> 歯科口腔外科の医師

歯科口腔外科の医師

歯科口腔外科の医師

あごを強く打った後にこのような症状がみられる時には注意が必要になっているのです。

歯や口の病気は、かかりつけの病院等で治療できることが多いので、近くの歯科やあるいは内科、皮膚科、外科、整形外科、耳鼻咽喉科などの医院や病院の主治医の先生と良く相談してから受診することをお勧め出来るのです。

口腔とは、口唇や口蓋、舌、口底粘膜、歯牙、歯肉など軟口蓋までの範囲を指しているのですが、これに顎骨、あごの骨や、あごの関節、および唾液腺、耳下腺を除くを加えたものが歯科口腔外科の診療範囲でとなっているのです。

耳の前の顎関節に疼痛や動きの障害が生じ,開口障害,関節雑音,食事が食べにくい等の症状が生じるのです。

薬物療法,スプリント療法を行っているのです。

顎関節症に対して関節鏡を用いた顎関節症の治療は行っていないのです。

歯科口腔外科で扱われる主な疾患には、虫歯、歯周病、歯牙欠損、叢生、舌癌、歯肉癌、顎関節症、顎顔面外傷、顔面骨折、白板症、扁平苔癬、口腔カンジダ症、ウイルス感染症、口腔乾燥症、舌痛症、味覚異常などがあるようです。

歯周病,根尖部の病巣や親知らずが原因となって化膿が生じ,顔が腫れることがあるのです。

場合によっては切開を行い排膿が必要となる場合があるようです。口腔の痛みが強度の場合には,経口摂取が障害され入院が必要となる場合があるのです。年、生活スタイルや食生活も変わり、歯は大きいけれどあごが小さくて親知らずが埋まっている方が80%以上いるようです。

口腔内には良性腫瘍も悪性腫瘍も発生するのです。悪性腫瘍の大部分は口腔粘膜から発生する癌なのです。

発生する部位により舌癌,歯肉癌,頬粘膜癌,口腔底癌、口蓋癌等に分類されるようです。

症状が口内炎と間違いやすいので,口内炎を似た症状でいつまでたっても治らない場合には受診をおすすめ出来るのです。

口の粘膜に真菌が生えることがあるようです。

口の中に白色の膜がところどころにできて、異物感が生じてしまうのです。時には、黒や茶色のこともあるのです。

歯科口腔外科情報館へようこそ!このサイトは管理人の備忘録としての情報をまとめたものです。

掲載の記事・写真・イラストなどの無断複写・転載等はご遠慮ください。

|栃木県 宇都宮市 歯科 ココ歯科クリニック |愛媛県 伊予市 矯正歯科 優歯科オフィス |歯槽膿漏 歯周病 |矯正 岡山 |岡山 インプラント |神奈川県 川崎市川崎区 歯科 高柴歯科 |インプラント 岡山 |愛知県 春日井市 歯科 森川歯科クリニック|歯槽膿漏・歯周病 治療 |栃木県 栃木市 歯科 鎌田歯科医院 ホワイトニングサロン |千葉県 千葉市 歯科 矯正 幕張ドルフィン歯科 |審美歯科 ホワイトニング 岡山 |愛知県 名古屋市 歯科 ファミリーデンタルイシダ |神奈川県 横浜市 インプラント 矯正 柿山矯正歯科 |歯科 岡山 |愛知県 名古屋市中区 歯科 久屋歯科室 |高知県 高知市 インプラント ホワイトニング 嶋本歯科医院 |入れ歯 |予防歯科 |福岡県 福岡市 歯科 歯周病 竹田歯科医院