歯科口腔外科情報館 >> 歯科口腔外科情報館 >> 歯科口腔外科情報館について

歯科口腔外科情報館について

歯科口腔外科情報館について

顎関節および関連する筋組織の疼痛および機能障害に対して、生理学的管理法であるスプリント療法がよく用いられるのです。

この方法は通常、硬性アクリルレジンで製作し、上顎あるいは下顎歯列に装着する咬合面間装置であり、顎関節や筋への負担を軽くして歯ぎしりや食いしばりの害を緩和する効果があるようです。

外来小手術の中で最も多いのは、埋伏智歯の抜歯なのです。

一度に数本の埋伏智歯を抜歯する場合や、極端に恐怖心が強い患者さんに関しては、1〜2日間の入院の上、鎮静麻酔下に手術室で抜歯を行っているのです。

歯科口腔外科という言葉は、まだまだ皆様には馴染みの薄い言葉だと思われている方も多いのではないでしょうか。

また既にご存知の方には、親知らずなどの抜歯をする科あるいは、何か手術をする科という想像をされる方が多いと思うのです。

保存的な治療にて症状の改善が得られない場合には、外科的療法が選択されるのです。

外科的療法では主に関節腔内洗浄療法や関節鏡手術、開放性関節手術などがおこなわれるのです。

顎口腔領域の外科処置を中心として、その疾病全般等を扱うようです。

歯科口腔外科は、一般には口腔の外科であると認識されているようですが、その特異性として顎口腔機能を中心として据えている為に、内科的処置やストレス障害に至るまでその受け持つ範囲は広いようです。

親しらずの周りの痛みや腫れが弊害の主なもので、ひどくなると周りの筋肉や顎の骨に炎症が波及し顔や顎の周りが腫れたり、口が開かなくなったり、痛くてものを飲み込めなくなったりするのです。

取り扱う疾病も、抜歯、顎関節症、炎症、外傷、骨折、腫瘍にとどまらず、奇形や各種症候群に至るまで口腔内の多種多様な疾病を受け持っているのです。

状態が悪化すればするほど治療が難しくなるようですので、もし奥歯に痛みなどが出た場合は出来るだけ早く歯科医院で治療をするようにしましょう。

開放性関節手術は、皮膚を切開し関節包を開いておこなう手術なのです。

関節鏡手術で効果がなかった1〜2割の患者さんや関節円板穿孔、断裂、腫瘍、習慣性顎関節脱臼などの顎関節疾患に対しておこなうようです。

歯科口腔外科情報館へようこそ!このサイトは管理人の備忘録としての情報をまとめたものです。

掲載の記事・写真・イラストなどの無断複写・転載等はご遠慮ください。

|歯槽膿漏・歯周病 治療 |入れ歯 |歯科 岡山 |愛知県 春日井市 歯科 森川歯科クリニック|愛知県 名古屋市中区 歯科 久屋歯科室 |予防歯科 |審美歯科 ホワイトニング 岡山 |神奈川県 横浜市 インプラント 矯正 柿山矯正歯科 |インプラント 岡山 |栃木県 栃木市 歯科 鎌田歯科医院 ホワイトニングサロン |愛媛県 伊予市 矯正歯科 優歯科オフィス |福岡県 福岡市 歯科 歯周病 竹田歯科医院 |千葉県 千葉市 歯科 矯正 幕張ドルフィン歯科 |矯正 岡山 |愛知県 名古屋市 歯科 ファミリーデンタルイシダ |栃木県 宇都宮市 歯科 ココ歯科クリニック |高知県 高知市 インプラント ホワイトニング 嶋本歯科医院 |岡山 インプラント |神奈川県 川崎市川崎区 歯科 高柴歯科 |歯槽膿漏 歯周病