歯科口腔外科情報館 >> 歯科口腔外科情報館 >> 歯科口腔外科の手術

歯科口腔外科の手術

歯科口腔外科の手術

口腔外科における主な手術は,抜歯,炎症処置,嚢胞および良性腫瘍の手術,補綴前口腔外科手術,歯肉および口腔粘膜の手術,顎顔面裂奇形の手術,顎顔面骨折の手術,顎関節の手術,顎変形症の手術,顎切除手術,悪性腫瘍の根治手術,再建外科,移植術などであるようです。

成人病の低年齢化と平均寿命の高齢化が進んでいる現代においては、快適な食生活を維持するために、歯科口腔外科の役割は、今後ますます広がることと思われている現状です。 

歯のう蝕、辺縁性歯周炎などのいわゆる歯科的な疾患と口腔外科的疾患とを扱っているのです。

神経の麻痺はかなり時間がかかることが多いようです。残念ながら、この場合の即効的な治療方法はないようです。

ビタミンやレーザー等の治療があるようですが、期待するほどは効かないようです。

数年かけて麻痺の範囲が狭くなり、強さが弱くなるのです。

症例によっては半年で消えることもあるようですが、数年かかると思った方が良いと思います。

気長に待つしかないのです。親知らずの治療は抜歯が適応となっているのです。

しかし埋まった状態の親知らずの抜歯はなかなか大変で、特に下あごの親知らずはあごの骨の中にある知覚神経、触覚や痛覚をつかさどる神経や血管に近接しており、抜歯した後に唇や顔面皮膚の知覚異常や抜歯した部位からの大量出血の原因になりことがあるのです。

一方,補綴科とは,義歯や歯冠を用いて,食べる機能と審美性を回復する治療を専門に行う科となっているのです。

また,咬み合わせの専門医という立場から,近年増加中の顎関節症に対する治療にも力を注いでいるのです。

口腔外科疾患は口腔癌を主とする悪性腫瘍、エナメル上皮腫などの良性腫瘍、顎顔面領域の骨折・外傷、顎骨骨髄炎・蜂巣炎などの炎症、唇顎口蓋裂などの先天性疾患、顎変形症、白板症などの粘膜疾患、顎骨嚢胞、顎関節疾患、口腔インプラント治療など多岐にわたっているのです。

歯の土台があるのなら抜歯は完全でなかったのです。穴については抜歯後、深い穴ができるのですが、時間が経つと閉鎖するか、浅い穴抜歯後かなり大きい穴の時になるときがあるようです。

このとき縁がやや盛り上がって気になる人がいるのですが問題はないと思います。

歯科口腔外科情報館へようこそ!このサイトは管理人の備忘録としての情報をまとめたものです。

掲載の記事・写真・イラストなどの無断複写・転載等はご遠慮ください。

|歯槽膿漏・歯周病 治療 |愛媛県 伊予市 矯正歯科 優歯科オフィス |入れ歯 |インプラント 岡山 |歯科 岡山 |審美歯科 ホワイトニング 岡山 |愛知県 名古屋市中区 歯科 久屋歯科室 |福岡県 福岡市 歯科 歯周病 竹田歯科医院 |栃木県 宇都宮市 歯科 ココ歯科クリニック |愛知県 春日井市 歯科 森川歯科クリニック|矯正 岡山 |栃木県 栃木市 歯科 鎌田歯科医院 ホワイトニングサロン |神奈川県 横浜市 インプラント 矯正 柿山矯正歯科 |千葉県 千葉市 歯科 矯正 幕張ドルフィン歯科 |予防歯科 |岡山 インプラント |歯槽膿漏 歯周病 |神奈川県 川崎市川崎区 歯科 高柴歯科 |愛知県 名古屋市 歯科 ファミリーデンタルイシダ |高知県 高知市 インプラント ホワイトニング 嶋本歯科医院